09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■安心しました
今日は先日の初七日の頃の話について少し。。。

初七日の法要を予定していた日曜の前日、
私は寂しくて一人で家にいることがどうしてもできず、
電車に乗って高幡にある高幡不動尊に行っていました。

少しでも癒してくれる木々の緑を感じていたかったのと、
しばらく仏様の近くで自分の気持ちを落ち着かせたり、
いなくなってしまったココを感じていたかったからです。

何も目的がないまま、不動尊の敷地をボーッとしながらゆっくり歩き、
なぜかお土産でお饅頭を買って帰ってきたわたくしでした(苦笑)

そして初七日法要の日曜日。
朝いちから慈恵院にむかい、法要の手続きをとりました。

読経までの間、待合室で待っていると、
1匹のネコが私たちのところにやってきました。
何をするのかなぁ。。。と見ていると、
そのネコは私の膝の上に乗り、フセて寝始めたんです。
これにはビックリした私たち。
ネコちゃんにも感じ取れる何かが私たちから出ていたんですかねぇ(苦笑)

ネコちゃんとマッタリしていると初七日の法要が始まるという
放送が流れたので、ネコちゃんを膝から降ろして会場まで向かいました。

無事に法要を済ませ、ココが眠っている納骨堂に行き、
ココとお話をしてきました。

葬儀の時は自分たちの悲しさに耐えるのに必死だったので、
今まで全然気付きませんでしたが、
ココと一緒に眠っている他のお友達の写真などを
パパさんと話しながら見ていると、
何か、ココと仲よく遊んでくれそうな
優しいお友達ばっかりだったので、少し安心しました。
そして納骨堂から出て、ふと空を見ていると、
とても楽しそうな笑顔をしたココが他のお友達を連れて走り回っている姿が
想像できたんです。すごい不思議なんですけど。。。

そんなココの顔を見たとき、ココは今、寂しい思いをしてはいないんだな。
たくさんのお友達と楽しそうに遊んでくれてるし。

この世に残った私たちは、ずっと悲しんでいるけれど、
ココはお寺や家にいるんじゃなくて、
空でお友達と楽しく遊んでいるんですよね。
だから残った私たちは悲しむのではなくて、
自分たちの生活を取り戻さなくてはいけないんですよね。。。

そしてまた、ココから譲り受けたブリーダーさんのお話だと、
ココの父親であるブルートくんも今年、
ココよりも先に5歳という若さで天国に旅立っているということなので、
きっと何かあったら父親であるブルートくんがココを守ってくれるでしょうし、
友達もたくさんいることで何も心配する必要がなくなり、本当に安心しました。

ココの父親であるブルートくんがいなくなり、
またココを譲ってくれたブリーダーさんも
今はパグちゃんの繁殖をやっていないということなので、
ココとまったく同じ血の繋がった子を
我が家に迎え入れるということができなくなりましたが、
でも、血の繋がりだけが大事なのではなくて、
タイミングとフィーリングだと思いますので、
来年の落ち着いた時期ぐらいからゆっくりパパさんと一緒に、
自分たちが納得したココの生まれ変わりを探していきたいと思います。

さて、最後に最近のクロですが、
寂しさもあって少し甘えさせることが増えたら、
急に一人っ子の甘ったれ小僧に変身してしまいました(苦笑)

夜も一度は自分のベッドで寝てくれるんですが、夜中起きて寂しくなると
遠吠えをし、私たちの寝室にやってきます。
パパさんに抱え込まれて寝ているからか、暴れることなく、
大人しく寝てくれてるんですが。。。

うーん、これはいい事なのか、ダメな事なのか。。。
親として複雑な心境でございます(泣)
スポンサーサイト
未分類】 | コメント(8) | top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。